富士宮焼きそば初体験

静岡県で富士宮やきそばを食べました

2006年に始まった
B1グランプリで第1回、第2回と連続グランプリの

富士宮焼きそば

静岡で5年も暮らしたのに、一度も食べた事がありませんでした
久しぶりに静岡に立ち寄り、知り合いに
「 何かネタになりそうなところに連れてって 」と言ったら
連れて行ってくれたのが
お好み食堂伊東
という富士宮焼きそばのお店です
このお店は以前テレビでも紹介されたそうで
土、日は店の前にある20台程の駐車場が満杯になり行列が出来るそうです

富士宮やきそばの特徴

  • 製麺会社にこだわっている
    1. マルモ食品
    2. 叶屋
    3. 曽我めん
    4. さのめん
    5. 市内にある4社の富士宮焼きそば蒸し麺に限定されています
      そもそもB1グランプリが食の祭典というより
      地域活性の町おこしの意味合いが強いので
      地域に根付いた食材に、こだわりがでるのは当然です

  • 具材のキャベツは、富士宮の高原キャベツを使用
  • ラードを絞った後の肉かすをやきそばに加える、炒め油にもラードを使用
  • イワシの削り粉をふりかける
  • 味付けは主に辛口のウスターソース
  • 調理の際に使用する水は富士山の湧き水を使用
  • 火力の強い厚くて大きい鉄板を用いて焼き上げる
  • お店は分かりにくい場所にありました

    富士駅の1つ東側の吉原駅で待ち合わせ
    車で、お好み食堂伊東まで行くことに。
    住宅地を通り目的地まで着きましたが、曲がるところに目印になるような物がない為
    非常に場所はわかりにくいです
    お店は普通のお家で営業しているという感じのたたずまい

    テレビでも紹介されて県外からもお客さんが来る様になったそうですが
    通常では地元の人しか分からない様な、お店です

    入った右正面に大きな鉄板のあるカンター席、左手にはお座敷のテーブル席があります
    平日という事も有りお客さんは、カウンター席に5組ほどくらいしか居ませんでした
    座敷の方はお客さんはいなかったので座敷の方に行く事にしました。

    壁には、色紙が数枚飾ってあります、
    有名人もお客さんで来たのかもしれません、
    しかし、サインを見ても誰か分りませんでした。

    富士宮やきそば意外に美味しい

    注文はオーソドックスに並の焼きそば、おすすめの山芋ネギ天にしました。
    しばらくして、運ばれてきた焼きそば

    まず麺のもっちり感、これがおいしさをまず際立たせます
    そして一見得たいの知れないミンチ状のラードの残りかす

    富士宮焼きそばの特徴 肉かす です、

    これが、甘みと旨みが絶妙

    そして上に散らばっている、鰯の削り節が何とも
    いい味をかもし出しています

    お好み食堂伊東の麺は、スーパーで多く取り扱っているマルモ食品の麺ではなく
    叶屋の麺を使っているとの事。
    好みは、有るのでしょうが、それが抜群の美味しさに繋がっているとの事です

    そして、何より嬉しいのが値段の安さです
    並¥430 大盛¥530です、
    これは行列が出来るのもうなづけます!!

    参考URL ご当地グルメでまちおこしの祭典!B–1グランプリ公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です