忌明け後の供養のブルースセッション

四十九日の意味

今日のブルースセッションは、父の四十九日とかぶります

四十九日は、満中陰法要とか忌明けとも言います
忌明けというと、単純に故人の冥福を祈り、喪に服す期間を終える日をさしますが
満中陰法要は、
初七日(しょなのか)から六七日(むなのか)の間を中陰と呼び五七日(いつなのか)の日に閻魔大王からの審判が下り
14日後の七七日(なななのか)の日に裁きが下されるという意味を含みます

これは浄土真宗以外の宗派での考えで、浄土真宗ではこの死生観が少し違います
宗派に依って、同じ仏教でも死生観に違いがあるのです

母も私も、どうも其の辺の事情には疎い方です、うちの家は曹洞宗なのですが、
福井県の永平寺が有名な事くらいしか分りません
本と読経CDを購入して勉強です

広告      

この様な教本は重宝します、死生観の違いからか
焼香一つとっても宗派によって違いがあるのです

事前に知識があると仏事の時に安心です

お経のジャンル

お経のCDのジャンルは純邦楽に分類分けされていました
意外に聞き込むと引き込まれます
購入したCDは監修 読誦 (どくじゅ)が永平寺と本格的
ハーモニー、リズム、ブレスのタイミングが絶妙です

歌の為のブレスのポイント

  1. 息継ぎの場所は適切か?
  2. 曲のリズムに合わせているか?
  3. 息継ぎの長さは適切か?
  4. 空気を吸うスピードは曲調に合っているか?
  5. 肺に空気をスムーズに入れているか?

後悔が有ると泣けてくる事実

読経時、お坊さんが経典の冊子を配ってくれたので
お坊さんと一緒の読経がスムーズにできました

CDも聴いていたので、リズムも何となく分かります
心を込めすぎて中盤位から涙が溢れてきて読経がまともに
出来なくなってしまいました

白木位牌は49日まで

四十九日を境に、これまで使用していた白木位牌から本位牌に魂を移し
仏壇に本位牌を置く開眼法要(かいげんほうよう)を行います
その時の為に仏壇のお供物は仏壇の外に置き
位牌を置くスペースを作って置きましょう

開眼法要は、開眼という言葉からも分るように、仏像の目を開くという意味があり
この法要を行って初めて、霊験が宿るといわれている神聖な仏事です

読経が済み、お坊さんから、位牌を仏壇に置くように言われた時に
困りました・・・

位牌を置くスペースが無いのです
位牌を横にして隙間に置くわけにもいかず、
困って、お坊さんに聴いたところ
お供え物は仏壇の中に置かなくても良いという答えでした

思っている程、お坊さんも堅苦しくなく、何でも分らない事があれば、聴いて下さいとの事
グーグルで調べれば、大体の事は分りますよ、と
あんまり、身近過ぎて、ありがたみの少ないお言葉でした

そして法要が済んだ後。叔母さんからの鋭い指摘がありました

親が他界して、涙が出るのは悲しいからや無くて
親に対して何もしてへん後悔の念から来るもんや
尽くしきってから他界すると正直、やれやれ、やっと解放された、と思うもんや
親が生きてるうちに、後悔の涙を流さん様に、尽しとかへんかった、お前が悪い

納得です・・・

セッションはリズム隊が人手不足

法要の為娘が、大分県から来ています、
せっかくなので、今日のセッションに娘も誘うと見学に行くとの事

音楽の趣味は年齢差が無いので、親子のコミュニケーションにも役立ちます
この年になり、音楽教室に足繁く通った甲斐があるというものです

参考URL 7丁目ギター教室  
参考URL CHISE VOCAL SCHOOL

今日のセッションはリズム隊が大幅に不足
ベースが1名、ドラムが1名、他は私も含めて全てギターです

ベースは、ギターとベースも弾ける方がいるので、
時折チェンジして、セットを組んでいきますが
ドラムはまんま一人きり、最初から最後まで、1名で完遂、
凄い!としか言いようがありませんでした

本日の反省と次回の課題

本日も歌を1曲歌いました
だいぶ慣れたはずの Key to the highway
しかし、どうしてもギターを弾きながら歌えません

  1. ギターのシャッフルのリズムに歌を合わす事ができない
    • 曲の頭にアクセントを置くようにする、シャッフルの跳ねた感じがでる
  2. 歌詩が覚えられない
    • 4番まで全部覚えずに覚えるのは3番までにして、後は繰り返す
    • 選曲を繰り返しの歌詞を多様している曲にする
  3. バッキングのバリエーションが少ない
    • 指引きにチャレンジする

    今日なんかいつもと音が違うなと思ったら
    トーンがフロントもリアも0になっていました
    セッション終了時に指摘されました

    演奏前は音のバランス、チェックが重要です

    22時以降はスロー禁止!

    次回のアコズブルースセッションは第3金曜日の6月15日です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です