マイナーブルースはコードが変則

ブルースセッションに今月も行ってきました

恒例の第3金曜日ブルースセッション2018年4月は20日開催

今回も桑名市からの参加
今回は、近鉄で名古屋まで行き
名古屋から新神戸まで新幹線
神戸地下鉄に乗り換え
三宮から神戸までという経路で参加しました

わらびういろうをお土産に買いました

20日は父が他界して、三七日の法要日にあたります
仏教では他界してから、その日を含めて7日ごとに
生前の罪状などを裁く裁判があるとされます

Aco’zのセッションは毎月金曜日に開催しています
静岡に住んでいた時から参加するようになり
金曜日を実家に帰り親の顔を見る日に決めていました

法要は7日ごとに7回毎回金曜日です、単なる

近鉄名古屋駅の構内で、目立つように陳列されている
名古屋限定と書いてある、商品が有りました
名古屋名物の一つ、外郎(ういろう)をわらび餅風にした商品
わらびういろうが目につきました 
新食感と書いてあります
知人のお土産だけでは無く父へのお土産という思いも有ったので
つい子供の頃好物だった、ういろうに惹かれ
4個入り¥648と少し高かったのですが購入
この商品をお土産にする事にしました

この商品食べてみたのですが絶品です
一つ一つは、茶巾しぼりみたいに紙に包まれていて、見た目も上品です
食感はういろうよりもわらび餅に近く喉ごしが良いです
黒蜜と高級なきな粉の、京びききな粉が一緒に付いています、
このきな粉がまた絶品です
唯一難点はお餅に粘りがあり、小さく切って食べるのには少し難が有ります

アズ・ジ・イヤーズ・ゴー・パッシング・バイを歌いました

今回のボーカルは
アズ・ジ・イヤーズ・ゴー・パッシング・バイ
As the years go passing by
を歌いました
1967年にリリースの不吉なものを集めたジャケットが目をひく
Born under the Bad Sign
に収録されている、アルバートキングのヴァージョンが有名な
スローなマイナーブルースです
出だしの歌い出しがデレクアンドドミノスの超有名曲レイラのイントロとそっくり
レイラの元歌と言われている名曲です

何故この曲を選んだかというと
歌詞が繰り返しが多く覚える言葉が少ないので覚えやすいと思ったからです

今回の課題とアドバイス

演奏が始まりましたが・・・・

幸い周りがベテランの方だったので、なんとか終わりまで行きましたが
曲のコード進行やどんな感じの曲かをを正しく伝えられなかった為、
全然違う曲になってしまいました

次回の課題

  1. 曲調を正確に伝える
    • コード進行を漠然とでは無くちゃんと覚える
      As the years go passing by  コード進行

        Ⅰm   Ⅳm Ⅰm Ⅰm
      Ⅳm Ⅳm Ⅰm Ⅰm
      Ⅰm Ⅳm Ⅰm

      少しずつアレンジされている部分の小節があるので正しく伝えないと
      ますます原曲からかけ離れます

    • 出だし何小節かを歌いイメージを伝える
    • ボーカルはバンドの中のボス。
      その他の楽器がボーカルに合わすので、
      曲のイメージを遠慮せずに何小節かを歌い
      原曲のイメージを正しく伝える。

      CHISE先生からアドバイスして頂いたのですが
      伝える為、何小節かを歌ったのですが
      マイナーな曲なのに、元気よく歌ってしまったので
      間違って伝わった様です・・・

  2. イントロは自分で弾く
  3. イントロの部分はベテランの方に弾いて頂いたのですが
    どのタイミングで歌いだしたら良いのか分らず困りました

  4. エンディングも弾ける様にする
  5. エンディングのバリエーションも何個か持っとかないと
    終わるに終われない事が分りました

アドバイスも頂きました

Aco’zのセッションは初心者に優しいのが大きな魅力です
今回のアドバイス

  1. ソロの時にマイナーペンタとメジャーペンタを混ぜる
    • コードがⅠの時はメジャーペンタスケールを使う
    • コードがⅣの時はマイナーペンタスケールを使う
    • マイナーブルースはマイナーペンタ一発で弾く
  2. 9thコードを使う様にする
  3.   9thコードは種類が多くてこんがらがります

次回のAco’zブルースセッションは5月18日です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です