¥1000で楽しむ週末

音楽の演奏って楽しければいいよね

オープンマイク、秘策のブルースぽっく弾くのも練習しました!

ステージに1回あがり、2曲の演奏
結果
練習の甲斐無く
いゃぁ~ ひどい、ひどい

いつもは、お客さん4人くらいで、同じ顔ぶれ
練習がてらと思って行ったのが大間違い

今日はいつもと違う顔ぶれが多数

普段はエレキなんだけど
アコギも練習したくって、ていう男女のディオの方

リスナーだけの6人グループ

同じくリスナーだけのふらっと立ち寄ったっていう一人客

更にインターネットでみてやって来たっていう
リスナーだけのサラリーマン2人連れ

先月行った時の4倍のお客さんの入り
なんと大盛況

ビギナーがオープンマイクに参加する時の心得

オープンマイクで輪に入るコツとして私が行っているのが
自分から挨拶
ビギナーの為、演奏が未熟なので、教えて下さい
という低姿勢の態度
自分より年上だろうが、年下だろうが、常に敬語
うだつの上がらないサラリーマンの本領発揮というところでしょうか

そして演奏する時は
他の方はみんな自分の演奏を聴いてもらうのが第一で
自分より下手な人の演奏なんか聴いてない
だから私の演奏など誰も聴いてない
という思いでステージにあがる様にしています
いがいに、こう思う事で、恥ずかしいって思いが激減します、
ある意味開き直り

リスナーだけの団体の方の一人から
普段どんなジャンルの音楽聴くんですか?
と訪ねられたので

ブルースです、と答えると

やっぱり!、ブルースやる人って上手いんですよね、
初心者って謙遜で、実はバリバリなんでしょ?
とか言ってきます、

変に年いってると、それだけで上手いって思う人がいます、
つらい・・・ つらい・・・ つらい・・・

それ以上話す必要も無いと思ったので
僕の演奏聴くとビックリしますよ、
と答えるのに、とどめました

盛況の理由、もめんたむ音楽ショー本年初登場

昨年まで第4アコースティックナイトのオープンマイクの日に
レギュラー出演していた
男女二人組コンピの音曲漫才
もめんたむ音楽ショー
今年になってずっと出演してなかったそうですが、
今年初の登場

噂では聴いていてたのですが
こちらを観るだけでも
ワンドリンク¥1000は、やすい!

とても、面白いので観る価値大です

登場時、自らのテーマ曲までありました
演奏する曲目は昭和の懐メロONLY

テーマ曲から始まる音曲漫才といえば

かしまし娘
ちゃっきり娘
フラワーショー
横山ホットブラザーズ

とかを思い出します

特に、かしまし娘
持ってるギターがすごい
倒産危機に陥っている、あの憧れの
ギブソン
当時やから、むちゃくちゃ高かったんやろうな
とは簡単に推測できます

もめんたむさんのギターは¥8000だと聴きました

ギブソンでは無さそうです・・・

地道に練習するとして、¥1000で十分楽しめたオープンマイクでした

最後まで読んでいただき、ありがとうございます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です